2010年08月07日

【きもの教室 橙】8月28日(土)浴衣着納めワークショップ特集

2010年8月28日(土)に柳橋のルーサイトギャラリーさんで開催する
「竹ノ輪大納涼会2010」にてきもの教室 橙さんによるワークショップを開催いたします。

※参加費とお申込み方法は、全てのワークショップ共通です。
※詳細は、きもの教室 橙さんのサイトにてご確認ください。
※ワークショップのご利用には、竹ノ輪大納涼会入場料(500円団扇付き)が必要です。(竹ノ輪浴衣特典:竹ノ輪浴衣を着てご来場くださった方は、入場料無料)


○参加費
各回 1,000円(折形は材料費込み)
当日会場にてお支払い

○お申込み
ワークショップ名、参加希望時間、氏名(ふりがな)、返信用メールアドレスを明記の上
kimono.daidai@gmail.comまでメールをお送りください。
メール送信
※携帯電話やメーラーによっては文字化けする場合があります。


※2010年8月16日(月)追記
各ワークショップ2講座目から参加費が半額!

折形とマナー、マナーと女っぷり向上などなど組み合わせは自由。この機会に是非!
詳しくは、【受講者特典のお知らせ】2講座目から半額です!にてご確認ください。


o0220016510679326447.jpg

1)折形:懐紙の折り方

○内容
日常ですぐに使える懐紙の折り方(かいしき) 2〜3つ

○日時
2010年8月28日(土)
A.13:00〜13:30
B.17:30〜18:00

○場所
ルーサイトギャラリー 1階 洋室(奥)

○持ちもの
なし

○定員
各回8名

きもの教室 橙さんのサイトで詳細を確認する



o0500038710651628005.jpg

2)折形:略式紙幣包み・コイン包み

○内容
簡易紙幣包みなど2〜3つ

○日時
2010年8月28日(土)
A.16:30〜17:00

○場所
ルーサイトギャラリー 1階 洋室(奥)

○持ちもの
なし

○定員
各回8名

きもの教室 橙さんのサイトで詳細を確認する



o0500037510452861512.jpg

3)女性マナー =女っぷり5割増講座=

○内容
姿勢、(椅子の座り方)、好感のもてる笑顔の作り方、浴衣の裾・たもとの扱い方など

○日時
2010年8月28日(土)
A.14:00〜14:30

○場所
ルーサイトギャラリー 1階 洋室(奥)

○持ちもの
なし

○定員
各回4名

きもの教室 橙さんのサイトで詳細を確認する




4)男性マナー =これであなたも男前講座=

○内容
姿勢、(椅子の座り方)、好感のもてる笑顔の作り方、着こなしチェックなど

○日時
2010年8月28日(土)
A.15:30〜16:00

○場所
ルーサイトギャラリー 1階 洋室(奥)

○持ちもの
なし

○定員
各回4名



o0176014410594179039.jpg
花文庫:さらにアレンジもお伝えします♪

o0176014410594179036.jpg
貝の口:粋ですね〜

5)女性の帯結び =大人の女の帯遊び=

○内容
女性用帯結び 花文庫、片流し、貝の口など(半幅帯)

○日時
2010年8月28日(土)
A.15:30〜16:00

○場所
ルーサイトギャラリー 1階 洋室(手前)

○持ちもの
浴衣でのご参加推奨。帯数本ご用意しております。

○定員
各回3名

きもの教室 橙さんのサイトで詳細を確認する


6)男性の帯結び =粋な男の帯結び=

○内容
男性用帯結び 片ばさみや神田結びなど(角帯)

○日時
2010年8月28日(土)
A.14:00〜14:30

○場所
ルーサイトギャラリー 1階 洋室(手前)

○持ちもの
浴衣でのご参加推奨。帯数本ご用意しております。

○定員
各回3名

きもの教室 橙さんのサイトで詳細を確認する


posted by TAKE at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

【竹ノ輪浴衣】衣装とか衣装協力の協力とか

201007202150000.jpg

少々前の話となりますが、7月20日(火)に恵比寿天窓.switchさんへMAYUKO@ゆうまおさんのLIVEへ。

この日はなんと、竹ノ輪浴衣2009より小早川ひとみさんの「夏の夜に我想ふ」を着てステージに上がってくださったのであります!

その時の様子は、サイト内のライブヒストリーにてご覧いただけます。


更に、そのライブの少し前に、MAYUKO@ゆうまおさんから浴衣をお貸しいただいて衣装協力させていただいたのが、L'ACTUA(ラクチュア)化粧品さん。

L'ACTUA Beauty LessonのVol.6に登場しました!



衣装協力へのご協力、そして衣装としてのご利用、誠にありがとうございました!


201007212030000.jpg


posted by TAKE at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

【浴衣】生地決定!

生地サンプルイメージ


竹ノ輪浴衣の生地を決めました。

ほぼこれで確定です。

昨年の綿麻に変わって、綿呂がラインナップされました。

涼しげな生地がいい感じ♪

着物風にも着られるようで。

無論、他の生地もそれぞれ魅力あり。

さてさて、参加作家の皆様はどの生地をお選びになるのでしょうか。

楽しみ♪楽しみ♪


■生地について

・特 岡 : 織り密度が濃い為、丈夫で滑らかな綿100%の浴衣生地(一般的な浴衣生地)
・八ヶ目 : 先染の糸で織った麻のようなベージュの綿生地
・横スラブ : 横に筋が表れる綿100%のスラブ生地
・綿 呂 : 細い綿糸を呂の目に織った生地、張りとシャリによって清涼感のある高級生地
・綿紅梅 : 薄手の生地に太目の糸を織り込み、布面に格子状の凸凹を現した生地


【浴衣】竹ノ輪浴衣2007・2008画像・動画集
竹ノ輪浴衣2009を見る
竹ノ輪浴衣2008を見る
竹ノ輪浴衣2007を見る


ラベル:注染 ゆかた 浴衣
posted by TAKE at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

【職人・作家】小倉充子さん

09yukata.jpg

本日、白瀧呉服店さんが銀座で開催されている「白瀧浴衣展」へお邪魔して来ました。

白瀧浴衣展

で、そこでお会いしたのが江戸型染作家の小倉充子さん。

勘太郎好き、仁左衛門好き。しかも、平成中村座の假名手本忠臣蔵は4プログラム制覇、歌舞伎チャンネルにも加入済みとなれば、それはもう盛り上がる、盛り上がる。浴衣に煙管の雨を降らせたのなら揚巻も欲しい!「いやいや、羽裏に揚巻染めたぜ!」とか、「女殺油地獄」浴衣をどうデザインするか!とか。w

金丸座は未体験でいらっしゃるらしく、一度は行かれたいとのこと。なので、次にこんぴら歌舞伎へ行く機会があった際にはお声掛けします!ってことに。w

落語もご贔屓の独演会に行かれるとのこと。談春さんとか喬太郎さんとか。

あぁ〜なんて楽しい時間♪
ずっとお話ししていたい。
一緒に蕎麦食べて、お酒を飲みたい。w

いやぁ〜、久し振りに笑い疲れましたわ。^^;


そそ、今年の5月に「ほぼ日」で紹介されていらっしゃいました。

小倉充子さんと、江戸のきもの。




あっ、手拭い買ってくるの忘れた・・・。(-_-;)>
posted by TAKE at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

【注染】大人の社会科見学

1195016333_219.jpg

8時
新宿を出発。

12時
三ヶ日にて旨いうなぎを食べた後、浜松で注染の工場(こうば)、織物の工場、帯を織る工場を見学させていただく。

22時
何だか細胞の底から意識が変わる感覚。


たった今、自分の身に着けている被服の原材料、産地、作り方、販売方法までを知らない自分に改めて驚く。食も住まいも同じく。


昨日と今日の私が違うという感覚。


24時
風呂上がり、義父が用意してくれた金沢の日本酒を呑む。


さて、明日、小山三さんの芸談を聞く自分の変化を楽しみに眠ろう。
posted by TAKE at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

【着物】男のきもの講座 銀座もとじ[311]

1088543568_151.jpg

行ってきました「男のきもの講座」。

銀座もとじ


講師は、「男のきもの大全」の早坂伊織氏。

男のきもの大全


帯の歴史から締め方まで。あと脱線して下着の話し。下着の話はなかなか聞けないから、とても参考になる。褌がいいみたいだな。一度チャレンジしてみよう。

そして、休憩時間には、いつもと変わらぬ社長の熱いトーク(山岸幸一氏のお話し)を久し振りに浴びて、生きるエネルギーを補充して参りました。w

2時間があっという間。そして、足りない。もっと聞きたい。


普段着を洋服から和服にシフトするために、衣料費を固定費用として積み立て、その間に次に誂える着物について勉強したり、生産地を見学したりしながら、少しずつ移行するプランを立てよう。



ゆっくりでいい、ゆっくりで。


見栄で着る訳じゃなし。

分に合わせて、じっくりと。

好きな着物に似合う自分を育てよう。
posted by TAKE at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

【着物】新之助上布さん、東京へ![318]

ohmi21.jpg

今年もまた、新之助上布さんが日本橋高島屋で開催される「第21回 琵琶湖夢街道 大近江展」に出展されます!1年がとてつもなく早い・・・。

で、この大近江展、新之助上布さんやその他の工芸以外にも、近江のお酒やら野菜などが手に入ると思われるので、近江のお酒と素材で今年最後の鍋を楽しもうかと企んでおります♪

以下、新之助上布さんのサイトより

■大近江展 出展のお知らせ

第21回記念 琵琶湖夢街道「大近江展」に、大西新之助が織った近江上布の作品を出展します。 びわ湖を抱く近江の国で生まれた「近江上布」をぜひ、ご覧ください。

日時 : 2月25日(水)〜3月2日(月) ※最終日は午後6時まで
場所 : 日本橋高島屋8F催会場(東京都中央区日本橋2丁目4番1号)
主催 : (社)びわこビジターズビューロー
後援 : 滋賀県
協賛 : 全国滋賀県人会連合会、(社)東京滋賀県人会、石山寺


waza20_1.jpg

同時期に池袋の東武百貨店で開催される「伝統的工芸品展 WAZA2009」にもご出展されるとのこと。近江上布は9階の第2会場になるようです。

お近くにお越しの際は是非!

■伝統的工芸品展 WAZA2009

会期:2月26日(木)〜3月3日(火)
会場:東武百貨店 池袋店10階催事場(1・2番地)
第2会場:9階呉服「染織繍の世界展」



○リンク
日本橋高島屋
新之助上布
伝統的工芸品展 WAZA2009
近江上布コミュ
posted by TAKE at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

浴衣を楽しむ情報を紹介「浴衣を楽しむ」

yukatawo.jpg

花泉さんが運営されている浴衣を楽しむ情報満載の「浴衣を楽しむ」ブログのご紹介。

浴衣を買ったはいいけど、どうやって楽しむの?っていう疑問を解決するお役に立つブログです。

で驚いたのが、どうやらまるっきり似たようなブログが同じseesaaに出てきたみたいで。なんと「タイトル」も「デザイン」も同じ。しかもカテゴリ別けまで似ているそうです。w

まぁ、真似たのかどうだか知りませんが、似たような情報が増えるというのは発信者としては嬉しいですな。あとはデザインを既定のものではなく、オリジナルにしないとならないと痛感。

このブログも同様ですわ・・・。

そんな訳で、「タケノワブログ」のデザイン案随時募集!「竹ノ輪」のコンセプトに則った、スーパークールなジャパニーズデザインを募集!どんなや・・・。

なんか話がずれましたが、竹ノ輪では毎年「みんな浴衣で納涼歌舞伎!」っていうイベントも開催しておりますので、お気軽にご参加くださいませ!※2007年のご参加は締切りました。


pickup.gif
浴衣を楽しむ
http://happy-yukata.seesaa.net/
浴衣を楽しむ情報を紹介。初心者から上級者まで楽しめるサイトを目指します。
posted by TAKE at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

男のきもの検定試験≪腕試し模擬試験≫

otokokentei.jpg

5級にチャレンジしてみました。

結果は、90点!

8問目、うっかりです・・・。無茶苦茶、悔しいぃ〜っ!!!

ということで、気付けば学校の試験なんかより、一生懸命チャレンジしていた「男のきもの検定試験」をご紹介。

検定試験が終わったら試験結果をメールで送信すると、全問の解答が自動メールで返信され、設問の答えを確認できます。これで復習もばっちり!

男性だけでなく、女性の方も是非お試しください。

さてさて、4級にチャレンジしてみましょうかね・・・。
何だかドキドキだわ。w


pickup.gif
男のきもの検定試験
http://www.kimono-taizen.com/examination/examination_main.htm
「男のきもの大全」による独自認定のWebテスト
posted by TAKE at 01:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

銀座もとじのブロードバンド着付け教室

motoji.jpg

私が生まれて初めて着物を買った呉服屋さんが、こちらの「銀座もとじ」さん。

「銀座もとじ」さんのサイトでは、角帯や浴衣の着付け、女性の長襦袢の着方を動画で確認することができます。

これが随分とサクサク動くんです!画面下にあるスライドバーを動かせば、見たいポジションへラクラク移動。つまり、ストレスフリーで見たい箇所を繰り返しチェックできる。何度もやり方を目で確認したい着付けにとって、これかなり重要なポイントかと。

初心者にとっては、ただでさえ「面倒」というイメージがある着物ですから、可能な限り不安やストレスは取り除いておきたいもの。流石です!

もちろん「銀座もとじ」さんのショップにも、素敵で、クールで、素晴らしい着物や小物が沢山あります!要チェックでございます!


pickup.gif
銀座もとじのブロードバンド着付け教室
http://www.motoji.co.jp/knowledge/Kitsuke.htm
動画による着付け教室。
posted by TAKE at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

もっと、着物を楽しむ。「きものニッポン」「きものインターネットクラブ」

kimono.jpg

そう云えば、「kimono.co.jp」って誰が使っているのだろう?

ということで、調べてみたら「京都和装産業振興財団」さんが運営されているサイトがありました。

総合トップページで紹介されているサイトが下記の2つ。

 『もっと、着物を楽しむ。目的に合わせて二つのサイト。

  きものを知る。きものを深める。「きもの日本」。
  きものをもっと楽しく。もっと自由に。「きものインターネットクラブ」。』

とのこと。


kimononippon.jpg

「きもの日本」は、着物の種類や着物の歴史、着物のつくり方、そして着つけなど、着物に関する基本的な情報が集まっています。各コーナーも、それぞれ細かいところまで説明されているので、お役立ち度高し。

kimonoic.jpg

「きものインターネットクラブ」は、着物でもっと楽しむために、コーディネートの紹介、着物生活の提案やエッセイなどが紹介されています。流石、京都。着物を楽しむ場所が沢山ありそうで羨ましい。東京も素敵な場所がまだ残っているうちに、着物で楽しまなきゃ。


pickup.gif
きもの日本
http://www.kimono.co.jp/wasou/index.html
きものを知る。きものを深める。

きものインターネットクラブ
http://www.kimono.co.jp/kic/
きものをもっと楽しく。もっと自由に。
posted by TAKE at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

キモノ着せ替えシミュレーション・ツール「意匠工房」

kimonokisekae.jpg

ネット上で着物の試着(?)ができる「意匠工房」。

実際には、振袖と訪問着の着姿を確認しながら、好みの柄を画面上で自由に編集できる<着せ替えシミュレーション>。

有料登録をすると、顔写真や文様の画像データも扱えるとのこと。
さてさて、年会費3,600円を払う価値が、このサービスにあるのかどうか・・・。

私としては、有料登録後に利用できるサービスを、お試し期間として一定期間は無料で利用させて欲しいところ。使い方が簡単だと云われても、実際に自分で用意した画像をどうやって取り込めばいいのか判らないし、自分の顔にしたところで、意味のあるシミュレーションができるのか判らない。意味があるのか、ないのか判らないサービスに年会費を支払うというのは、やっぱり不安。ざっくりとした体験版を容易しつつも、本気で有料サービスを検討している人に対して、無料お試し期間も必要かと。

あと、「きもの辞典」や「寸法計算」が、とっても便利♪


pickup.gif
きもの大辞典
http://www.kimonodaijiten.jp/
きものの総てがわかるトータルサポートサイト
posted by TAKE at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

竹ノ輪の愉しみ方

size.jpg

○ご注文お申込の〆切前日ではありますが、竹ノ輪コレクションの愉しみ方をアップしました!

http://takenowa.jp/hpgen/HPB/entries/1.html

○田辺カナコさんデザインの浴衣があとお1人で製品化決定です!

http://takenowa.jp/SHOP/TE-YC0710.html

○中澤希水さん、安岡亜蘭さん、製品化決定しました!

http://takenowa.jp/SHOP/TE-YC0717.html
http://takenowa.jp/SHOP/TE-YC0715.html

○みんな浴衣で納涼歌舞伎!も合わせてよろしくお願いいたします♪

http://takenowa.jp/SHOP/TE-MK02007.html

初めての浴衣、初めての和装、初めての歌舞伎、そんな方々のキッカケになればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします!m(__)m
posted by TAKE at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

浴衣を楽しむ

「浴衣を楽しむ」ブログに、男性の帯の締め方について、私なりに感じていることを書いてみました。

海外の結婚披露宴で着物を着た経験から云いますと、日本人の正装はやはり和服なんだなぁ〜と実感します。何より身も心も引き締まりますし、妙な自信が沸いてきます。w

そんなときやっぱり格好良く着て欲しいじゃないですか。

だから、浴衣ブームだろうが和ブームだろうが、折角和装に触れた男子諸君、帯はあそこに巻け!ってことなわけですよ。

浴衣を楽しむ
http://happy-yukata.seesaa.net/
posted by TAKE at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

日本女子のソコヂカラ

nihonjyosi.gif

渋谷のユーロスペースで始った「日本女子のソコヂカラ」へ行ってきました。

3月3日はひな祭り初日。豆千代さんがゲストのトークショーあり、着物で行くとCHEB CAFEの特製スイーツありということで着物女子率が高い、高い。半分以上は、お着物だったのではないでしょうか。

「浴衣で歌舞伎を観よう会」を開催している身としては、こうやって着物に囲まれると、やっぱり何だか楽しくて仕方ない訳です。(今年も8月やりますので、みなさんお気軽にご参加くださいませ!)

映画も面白かったし、スイーツも美味しかったし、7作品全て観たい!

これ、男子にも観て欲しいな。細身で、身長が高くても、着物は格好良く着られるんだ!っていうのが判る。何故、着流しで、左に傾いて立っているだけで、そんなに格好いいのだ、高倉健!!(怒


さてさて、先週末のお話しを駆け足で。

まずは、東京藝術大学大学院オペラ科 博士研究公演 歌劇「王女メデイア」観劇。企画・台本・演出は、志田雄啓さん。竹ノ輪でインタビューさせていただいた安岡亜蘭さんが宣伝美術に関わっていらっしゃったこともありお邪魔したいと思ってはいたのですが、何よりも未だ1度しか観たことがないオペラに行ってみようと決めたのは無料だったからではなく、志田さんの公演要旨を読んだから。最後の2行。「私はこの公演を通して、日本の奥深い伝統的美意識が根付いた、オペラの新たな可能性を示していきたい。」という言葉に大変な興味を覚えたから。観劇後は、今回作曲・指揮をされた作曲家の田渕大次郎さんとお話しさせて頂く機会もあり、自分で云うのもなんですが、相当いい刺激を受けて帰って参りました。

土曜日は、江戸東京博物館で歌舞伎素人講釈さん主催の公開講座に参加。テーマは、「台詞にみるアジタート」。急くような感じは、ただ早いリズムだけではない。過去の映像作品やクラシックを聴きながら。中々楽しい時間でしたが、何よりも「歌舞伎 研究と批評 38 歌舞伎学会誌」で、GHQの歌舞伎に関する報告の全訳が掲載されているという情報を得たこと。本屋さんで手に入るらしいので、チェックしなきゃ。

その後、東中野のCUELさんでオープンキッチンに参加。CUELさんの美味しいお料理は毎度のことなんですが、日本愛妻家協会の事務局長さんとお話ししたり、今日行ってきた「日本女子のソコヂカラ」イベントを教えてもらったJUNJUNさんとお会いしたり、なんだかね、毎度楽しい訳ですよ、この場所は。ハギワラさん、いつもありがとうございます!感謝!

2004年に自分たちの完全セルフプロデュース結婚報告会でCUELさんにケータリングをお願いし、その後ワークショップなどにお邪魔しながら、2006年10月1日Happy芝婚!(芝生の上でのウェディングパーティー)で再びお世話に。今後も一緒に色々やりたいねぇ〜と妻と企んでおります。オリジナルウェディング検討されている方、まずはお気軽にご連絡を!w

翌日の日曜日は、最初で最後となったク・ナウカの公演。演目は、『奥州安達ケ原』。3日前に、洋物の演目を日本の美意識で観て、翌日、歌舞伎の講釈を聞いて、3日後に日本の古典的な演目を現代的な解釈で観るという週末は、体力も使うけれども、脳が疲れる。疲れるというか、一種の混乱状態に陥る。時間とか空間とかが歪んだ感覚になる。それは決して気持ちが悪いものではなく、むしろ興奮状態に近い。脳だけがやたらと活発に動いている感じ。

あっ、月曜日の夜は、我が家で「気軽に楽しむ和ンポイント・イタリアン(仮)」という名のお食事会を開催しましてね。これがまた楽しいんですよ。継続的に開催しようと企んでおりまして、お友達と一緒に楽しもうかと思っております。

まぁ、そんな感じの一週間でありまして・・・。

そうそう!2日前には、10年来の友人が遂に結婚するということで、2次会の幹事を喜んでお引き受け致しまして、その打合せ。私たち夫婦が絡んだら、申し訳ないですが、ただの2次会で済む訳がないのです。w ご参加されるみなさま、どうぞお楽しみに!

そういえば、3日前にはパペットアニメーション用のシナリオも書いたのですが、今日『緋牡丹博徒』観たら、もうちっとだけ、いじってみたくなっちゃったわ・・・。

ではでは、そんな訳で、日本女子に負けないよう、日本男子も突っ走りますので、どうぞ宜しくお願い致します。m(__)m


■今日のソコヂカラ日本女子 吉田久美子さん

posted by TAKE at 01:32| Comment(1) | TrackBack(1) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。