2011年03月13日

【リンク】YouTube「NHK番組コレクション」

インターネットに繋がれば
アニメや人形劇、みんなのうたやドラマなどが見られます。

ラジオで聴ければいいのでしょうけれど。

YouTube「NHK番組コレクション」


ラベル:地震
posted by TAKE at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

「a flower in snow」 written & produced by el fog

第1回竹ノ輪企画展2007 『日本の花』

竹ノ輪企画展第1回目ののテーマは、

『日本の花』。

竹ノ輪からアーティストやクリエーターの方々にお願いしたことは「日本の花」というテーマでオリジナル作品を制作していただきたいということだけ。それ以外の制約は一切ありません。

「日本の花」。この日本語から、日本のアーティストやクリエーターの方々は、どのようにイメージを広げ、どのような作品が創るのでしょうか。全ての作品が集まったとき、今の日本がちらりと見えてくるのかも知れません。

第1回竹ノ輪企画展7人目のご紹介は、アーティストのel fogさんです。


   ◇   ◇   ◇


「a flower in snow」 written & produced by el fog 3:03



雪の中に咲く花をイメージして作りました。ヴィブラフォンの音のみで作っています。

el fog

el fog (artist)

神奈川県出身、現在ベルリンを拠点に活動中。ヴィブラフォン、サンプラー、エレクトロニクス等を用い、独自の世界感を追求する。エレクトロニカ、ダブ、ジャズ、ヒップホップなどの音楽からと同様に、山や霧の持つ静かな緊張感、深み、荘厳さからもインスパイアされ創作活動を行う。2007年3月、Remote Viewer が主催するイギリスのレーベルMoteerより
アルバム"Reverberate Slowly"をリリース。

http://www.myspace.com/elfog
http://www.moteer.co.uk/

ファーストアルバム「el fog reverberate slowly (moteer::010cd)」を見る

el fogのインタビューを見る


Creative Commons License


この作品は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
posted by TAKE at 01:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

「Flower/Root」 / Yusuke Kamijima

第1回竹ノ輪企画展2007 『日本の花』

竹ノ輪企画展第1回目ののテーマは、

『日本の花』。

竹ノ輪からアーティストやクリエーターの方々にお願いしたことは「日本の花」というテーマでオリジナル作品を制作していただきたいということだけ。それ以外の制約は一切ありません。

「日本の花」。この日本語から、日本のアーティストやクリエーターの方々は、どのようにイメージを広げ、どのような作品が創るのでしょうか。全ての作品が集まったとき、今の日本がちらりと見えてくるのかも知れません。

第1回竹ノ輪企画展3人目のご紹介は、sound artistのYusuke Kamijimaさんです。


   ◇   ◇   ◇


「Flower/Root」 Instrumental 2:53



地中から見た外の光とそれに反応するための芽の動き、根の成長は想像しました。
音階としてのメロディはありません。


kamijima.jpgYusuke Kamijima (sound artist)
神奈川生まれ、東京在住。 Kakorai/Yusuke Kamijima名義にて楽曲制作。2007年3月、ドイツのレーベルFrozen Elephants MusicのコンピレーションCDに参加。

The Anonymous Ensemble


Creative Commons License


この作品は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
posted by TAKE at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

素敵なティンパニスト

先日、チケットを頂いたので読売日響第491回名曲シリーズを聴きに東京芸術劇場へ行ってきました。

指揮:ヤコフ・クライツベルク
トランペット:アリソン・バルソム
コンサートマスター:デヴィッド・ノーラン

フルメン トランペット協奏曲 変ホ長調
マーラー 交響曲第5番 嬰ハ短調

クラシックは嫌いではないですし、耳にしている曲も多いのですが、曲名やら演奏者やら指揮者はさっぱり判りません。

なので、聴く機会がある時は、ただただ、その作曲者の表現したいことや、その作曲者が生きた時代に思いを馳せ、そしてそれらを表現するために今を生きている目の前にいる演奏者の方々の熱意にただただ感動する。そんな楽しみ方をしています。

そんな訳で今回楽しんだのは、バースタイン、小澤征爾といったマーラー指揮者のもとで学ばれたヤコフ・クライツベルクさんの何ともダイナミックで力強くも細やかな指揮と、トランペット奏者のアリソン・バルソムさんの美しさ(ドレスも、とても素敵でした!)、そして何より目を惹きつけられたのが、ティンパニの菅原淳さんのお姿!

どうにも目が行くんですよね、ティンパニに。何だかとっても楽しそうなんです。もちろん厳しく、寂しく、哀しく表現する場面ではそれなりの演奏になる訳ですが、それでも演奏されている事を心から楽しんでいる様子が、ステージ一番奥の真ん中から2階席までビンビンに伝わって来ました。

演奏後で知ったのですが、どうやら引退されるとのこと・・・。残念・・・。(T_T)

なんでお花を頂いているのだろう?と思ったら、フィナーレだったとは・・・。

でも、演奏されているお姿を拝見できたこと、とても嬉しく思います。何事も心から楽しめば、例え私のように何も知らない人間にも、何かを伝えることができる。もちろん、生半可な気持ちでは無理ですし、日々の鍛錬があってこそ。そんなことを再認識させていただけたことに、心から感謝。

現在は、打楽器合奏団パーカッション・ミュージアムの主宰者として、数々の名CDを作り上げていらっしゃるとのこと。

そちらで楽しませていただこうかしら。

色んなことに悶々としていましたが、演奏を聴いてすっきり。

いい日でした。
posted by TAKE at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

reverberate slowly / moteer::010cd

elfog00.jpg

el fogさんのデビューアルバムが、遂に竹ノ輪SHOPで発売でございます。先着10名様には、竹ノ輪限定のサインカードが付いてきます!

詳しくは、竹ノ輪SHOPへ!
posted by TAKE at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

倉橋ヨエコとか森鴎外とか歌舞伎とか

387875926_38.jpg

387882953_231.jpg

都心でも畏れを感じさせてくれたことに感謝した昼休み。

そんな気分の写真。


   ◇   ◇   ◇

388586256_170.jpg


いやいや、早く寝るつもりだったのに、マイミクさんから、マイミクさんのマイミクさんオススメの倉橋ヨエコさんを教えてもらったら、YouTubeに見入ってしまって、すっかりこんな時間に・・・。w

倉橋ヨエコ

「損と嘘」

「盗られ系」

「恋の大捜査」

「人間辞めても」

「楯」

私は、夏、楯、人間辞めても、イチオシ。








   ◇   ◇   ◇

388419786_13.jpg


森鴎外の『ぢいさんばあさん』を分解中。

プロットに近づくと意外な発見が。歌舞伎の脚本との相違もまた面白い。

そして、妙に実生活と接点があるのも興味が尽きない理由か。

いざ国会図書館へ!


   ◇   ◇   ◇


387872005_49.jpg


昨日は中村萬次郎さんの「みんなで歌舞伎」へ。

歌舞伎の見どころを英語でも紹介するので外国人の方も多い。

まだ歌舞伎を観ていない日本人にもオススメ。大変分かり易い。

昨日は「つけ」について様々なシーンを実演しながらの解説。

極力事実のみを解説している様子が伺える。その演出を観てどう感じるかは観客次第ということだろう。

大変参考になったのが藤娘の舞台美術。海外の方々にも楽しんでもらえるようにと奥行き感のある派手なセットが組まれた中での舞踊。

舞踊という点から考えたら全く私の好みではありませんが、外国人の方々にどうすれば楽しんで頂けるかと考えた中での、ひとつの手段として興味深く拝見しました。


歌舞伎を観たい方、芸を観たい方にはオススメしません。

歌舞伎初心者や、体系的に歌舞伎の基礎知識を得たい方にオススメです!


国立劇場は、さくら祭りでした。
posted by TAKE at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

川畠成道の四季

先週、東京オペラシティコンサートホールで開催された、川畠成道さんのコンサートへ。

私は記憶力が悪いので、かなり怪しいのですが、おそらくはじめてのクラッシクではないかと。友人に誘っていただいてオペラは昨年デビューしましたが、これまで音楽っていうともっぱらフジロック、そして観劇ものは歌舞伎がメインだったので。

そんな私でしたが、ちょっと前に川畠氏の演奏をテレビで拝見してからというもの、いつかチャンスがあればライブで是非!と思っていました。

kawabata.jpg
続きを読む
posted by TAKE at 19:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

ex-chamber music with 高宮マキ

先日、高円寺ペンギンハウスにてex-chamber musicのライブを観て来ました。

今回のライブは、高宮マキさんがゲストボーカルとして参加。私のお気に入り、デビュー曲の「鱗」を歌ってくださいました。やっぱりライブはいいですねぇ〜。

s_HI350038.jpg
続きを読む
posted by TAKE at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

高宮マキさん

9月30日の日記で紹介したex-chamber musicの今度のLIVEでゲスト参加される高宮マキさん(オフィシャルサイトブログ)のCDを拝聴しました。

takamiya.jpg
続きを読む
posted by TAKE at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

藤本暁子 Presents〜Acoustic Live〜

噂のポッドキャスティングってどんなだろう?ということで、とりあえず始めた「とりあえずポッドキャスティング!幌型ドライブ」というブログがあるのですが、そこで配信しているトークバラエティー?番組「やまだの部屋」の記念すべき第1回目ゲストとしてご出演いただいているピアニストの藤本暁子さんのライブがありますので、ご紹介させていただきます。

藤本暁子 Presents〜Acoustic Live〜

10/10(火)
場所: まほうの竜 (大泉学園)
Open:18:00 Start:(1) 20:00 (2) 21:30
料金:1,500円
藤本暁子 (P)
衣川恵章(G)
前田富博(Per)
続きを読む
posted by TAKE at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

楽しいJazzを聴こう!

「封筒の中のギャラリー」をお手伝いさせていただいている幕内さんのバンドが10月24日(火)に高円寺のペンギンハウスでライブをやります!一度、ペンギンハウスへお邪魔しておりますが、間違いなく楽しいですよ!なんせ、初めてお邪魔したにも関わらず、楽しくて「ホウ!ホウ!」叫んでましたから、わたし。w

exchambermusic.jpg
続きを読む
posted by TAKE at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。