2007年08月16日

歌舞伎への誘い〜歌舞伎鑑賞の手引き〜

kabukiizanai.jpg


待ってました!ついに歌舞伎鑑賞の手引きサイトが公開です!

平成17年「歌舞伎(伝統的な演技演出様式によって上演される歌舞伎)」がユネスコ世界無形文化遺産に登録されたのを機に作られたとのこと。先に登録されていた能楽文楽は既に手引きサイトがあったのですが、ついに歌舞伎も公開されました。

「ユネスコ無形文化遺産保護条約発効記念シンポジウム〜伝統文化の明日のために、今日(いま)できること〜」へ参加したのが、昨年平成18年の8月23日(水)。シンポジウムに参加した後、私が伝統芸能のファンの立場として今できることをやろう!やり続けよう!と心に決めてから1年が経とうとしています。

昨年12月に「竹ノ輪」を立上げて、書道教室を開講したり、オリジナルデザインの浴衣を創ったり、お弁当付きの「みんな浴衣で納涼歌舞伎!」を開催したりと、それなりに活動して来たつもりでおりましたが、こうして降りかえってみると、もう少し伝統芸能の普及活動にパワーを集中してもいいかなぁ〜なんて思ってみたり・・・。他の遊びも精一杯やっちゃうのでね・・・。

でも、そのどれもが「プラネタリウムでヴィブラホンを楽しむ会開催」とか「トリエンナーレ参戦」とか「封筒の中のギャラリー販売」とか「芝生で結婚式!で司会」とか「焼酎の会でベロベロ」とか「ハロウィンパーティーで馬のマスク被ったり」とか「パペットアニメーション教室に通ったり」とか「ク・ナウカの奥州安達ケ原を観劇したり」とか「自宅で結婚パーティーのお手伝いしてデッカイ豚君を切り刻む」とか、そ〜んな楽しい事ばかりだったんで、これはもうやれるだけやるしかないと!宿命なのですよ!そうでしょ、みなさん!(久し振りのサンボマスター風)


さて、肝心のこちらのサイトでございますが、実は先に立ち上がっていた能楽や文楽のサイトのユーザビリティーが悪いのでどうなることかと心配していました。ただサイト公開すりゃいいってもんじゃないと思うのですよね、私は。

しかし、この歌舞伎への誘いは、それらと比べると随分とスマートで判り易いメニュー構成になっていて、しかも関連項目にすぐに飛べるように配慮されているので、ストレスが少ない状態で楽しめそうです。安心、安心♪(鉄コン筋クリート風、否むしろ蒼井優さん風)


写真や有名なシーンの動画もあるので、身に付き易いかと。それに英語版があるのがいい!今年の「みんかぶ」も外国人の方が浴衣で参加してくださいましたし、これからも国籍とか関係なく興味を持った人がどんどん楽しめる環境を整えたいものです。

ちなみに日本語サイトから英語サイトにリンクしてません。その逆も然り。随分と割り切りましたね。日本芸術文化振興会のトップページ右上にある「English」から英語バージョンのトップページへ移動すると見られます。URL最後の「jp」を「en」に替えた方が早いかも。



pickup.gif
歌舞伎への誘い〜歌舞伎鑑賞の手引き〜
http://www2.ntj.jac.go.jp/unesco/kabuki/jp/
歌舞伎について知りたいならまずはココから!


posted by TAKE at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。