2006年10月24日

手をのばした先にあるもの 展

グラフィックデザイナーの野谷美佐緒さんと、彫金参加の杉尾供美さん、そしてお菓子作家の竹田里美さんが、今年の春に行われた『春風のおくりもの展』に引き続き、エキシビジョンを開催されます。


『手をのばした先にあるもの展』
2006年11月22日(水)〜26日(日)
12:00〜18:00(最終日17:00迄)
江ノ電 稲村ケ崎駅下車徒歩1分
R no.2

232383750_124.jpg

場所は、春と同様、稲村ヶ崎のアンティーク家具屋さんR(アール)のNo.2。その2階。そのスペースは、急な階段(ほぼハシゴ)を登るんですが、大人4人以上入ると、ちっと狭くて、天井も低いから私は常に屈んでいる姿勢で作品を拝見することになります。そんな空間なんですが、これが何とも居心地がいい。

なんだろうなぁ〜あれ。硝子窓から射し込む日差しは優しく。壁の白と床板の色が何だか暖かで。

そこに3人の作品が飾られると、また新しくて優しい世界が生まれます。

たまにはもう少しだけ、足を延ばしてみませんか?


posted by TAKE at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・展示会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。