2011年05月20日

【Android】入手1ヵ月後と+α日のアプリ状況

htc-evo-wimax.jpg
TAKEスマホ 「htc EVO WiMAX ISW11HT」

IS06_bk.jpg
TOKIスマホ 「SIRIUS α IS06」

Androidを使い始めて1ヵ月経過した時点でインストールされているソフト一覧です。今後も常に入れ替わる予定ですので、これが絶対ということではありません。あくまでも現時点(2011.05.20)での参考ということを、ご了承ください。


○アプリのダウンロード方法

基本的には、Android マーケットからのダウンロードをオススメします。自動でバージョン更新してくれたり、更新通知をくれたり、自分のダウンロード履歴が判ったり、そこからアンインストールできたりと、何かと便利なので。

パソコンのAndroid マーケットでインストールすると、自動でスマホにインストールされます。


○アプリの自動更新方法

アプリを自動でアップデートするには、スマホからAndroid マーケットへ入って後、

「メニュー」→「マイアプリ」→「アプリ選択」→「アップデート」の「自動更新を許可」

にチェックが必要です。


○プリインストールされているアプリについて

SkypeやGoogleのマップ、ナビ、プレイス、トーク、音声検索など、基本的なプリインストールアプリについては追々ご紹介するかも知れません。ご要望いただければ、そのアプリを優先的に。



<設定関係>

ADW.Launcher
ホーム画面を比較的自由に変更できるのもAndroidの魅力?のひとつ。工作好きにはたまりません。

device.png device0.png
現在のホーム画面。
見辛いし、使い辛いとは思いますが、まずは出来る限り手を加えてから調整するのが私流。
左から1日経過して右の画面へ。

device1.png
ステータスバーを出すとアイコンが潰れるような印象がある(未検証)ので、
通常は非表示にしています。これはバーを出した時の画面。

device2.png
画面下に「ドック」が表示できまして。左から順に画面の外まで設定可能。
画面を左右に動かしたとしても、使用頻度の高いアプリは常にこのドックから起動が可能。

device3.png
ドロワー表示画面。これも細かく設定可能。今は横方向に流れるiPhone風?

device4.png
プレビュー表示画面。まだまだ模索中。

Gmail Notifier
Gmailの通知設定をオフにして、こちらの通知をメインで使用しています。
その理由は、こちらから。

Screebl Lite - Save Power!
スマホの角度で、使用状況を把握。液晶が暗くなりません。
逆に、設定した角度を超えれば、すぐに液晶が省エネモードとなり、画面を消してくれます。

device8.png
最初の画面。何もボタンが無いので最初は驚きました。
焦らず「メニュー」から「設定」を選びましょう。

device9.png
縦方向の調整。手に持ってスマホを傾けながら調整可能。

device10.png
横方向の調整。スマホを横にして持って、手前や奥に傾けながら調整。
私は最初、縦に持ったスマホを左右に振って調整しようとしていましたが、
全く無反応。(当たり前)
やっぱり国産じゃなきゃ駄目か・・・と一瞬でも思った
自分の浅はかさを気づかせてくれたアプリ。


Screen Filter
ベッドの中や明るい室内では液晶が明る過ぎるので、これで暗くしています。


Advanced Task Killer
タスクキラー。OSのバージョンに合わせた方がいいみたい。


AutoRotate Switch 自動回転切替
画面の回転を検索ボタンの長押しでコントロール。これは便利!


Screen Off and Lock
画面を消すボタンを画面に。本体の電源ボタンが押し辛い機種では、かなり便利。
まめに画面を消して節電しましょう。アンインストール時に設定変更必要。
くわしくは、こちらをご参考ください。
ちなみにIS06専用設定アプリの「IS06アシスト」には、同様の機能があります。

device11.png
私のお気に入りの設定は、「昔のテレビスタイル」。
ぷしゅ〜んって感じで(音は鳴らない)、上下から真ん中に向けて消えていきます。


CopiPe - コピペツール 日本語版
便利なクリップボード。しょっちゅう入力するメアドなどを登録しています。


ファイルマネージャ
シンプルで必要十分なファイルマネージャー。


Uninstaller
シンプルなアプリアンインストールソフト。


IS06アシスト



<ソフト関係>

DayWeekBar 日本語版
これが無いとストレスが溜まります。w


Miren browser
標準と合わせて比較してみてください。ブラウザソフト。


ATOKトライアル[au]
定番の日本語入力アプリ。使い方は、「ATOK for Androidの紹介と知識」などをご参考に。
この使い方は、ひととおり読まれることをオススメします。知っているのと知らないのでは、入力スピードや快適性が段違い!


ジョルテ
システム手帳アプリ。GoogleのスケジュールやTo Doとの連携が便利。


Dropbox
端末や同期を意識せずに利用できる共有フォルダ。Win自作機、Macbook Pro、EVOで共有中。


twicca
Twitterクライアント。プラグインも豊富で、私はメインで利用中。


FxCamera
IS06には、最初からポラロイド風なカメラソフトが入っているみたい。EVOで利用中。


なまず速報 β
とりあえず入れておいていいかも。


Google 翻訳 (Google Translate)
ガンダム名台詞で大いに盛り上がること間違いなし。
もちろん独りで台詞を読み上げながらの音声翻訳です。感情込めて。

device16.png
たとえば、こんな風に。

device17.png
こんな風にも。そう、使い方はあたな次第。


Evernote
どこでも、何でもメモして、どこでもチェック可能です。


QRコードスキャナー
あればやっぱり便利。

device14.png
例えば雑誌のバーコードを読んで

device15.png
で、検索するとこうなる。

図書館で調べてアマゾンで買うならよし。本屋さんで調べてアマゾンで買うのはなし。


Google Chrome to Phone
とりあえずスマホへ送っておくためのPC側のソフト。


乗換案内
Googleの経路でも十分ですが、終電とか始発とかはこちらでチェックしています。


Google Sky Map
モテアプリ!?個人的にはかなりお気に入り。


青空読手
青空文庫を読むためのアプリ。「青空プロバイダ」とセットで使っています。


radiko.jp for Android v2 (NEW)
賛否両論あるようですが、私はそんなにハード(視聴予約やら何やらかんやら)に使いこなすつもりがなく、気軽に聴けていいかと。

device5.png
ひたすらこのままの画面でつながらないって声もちらほら。
設定の問題とかエリアの問題とか諸々。

device6.png
繋がるとこんな画面に。

device7.png
J-WAVEリスニング中。


Google Docs
普段からGoogleのドキュメントを利用している方には、必須のツールかと。

device13.png
英語でもシンプルなので解りやすいメニュー画面。

device12.png
JPEGやPDFファイルの閲覧は気持ちがいい。
文章(ワード)やスプレッドシート(エクセル)も編集できて便利。
一部文字化けも見られますが、自分で何のファイルか判っているのでさほど気になりません。


Google Goggles
これはもう、ひとまずマーケットの説明をご覧ください。私もお試し中。




他にも「あとで読む」とか画像表示アプリ「QuickPic」とか、沢山ありますので、随時追加して参ります。


posted by TAKE at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。