2009年10月29日

音とは、波か。響を楽しむ三味線&ヴィブラフォン!

※このメールは、竹ノ輪サイトでご登録いただいた方や
竹ノ輪スタッフとお名刺交換させていただいた方にお送りしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

和に遊ぶ!竹ノ輪からのお知らせ
http://takenowa.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[Vol.30 2009.10.29]


こんばんは。ご無沙汰いたしております、竹ノ輪のTAKEです。

随分と肌寒くなり、冬の訪れを感じる今日この頃ではありますが、
お久しぶりですので、少々、夏の思い出を振り返りつつご報告を。


今の歌舞伎座で最後となった「みんかぶ」。5年目にして一旦終了。
今年も熱い中村屋と美味しくて楽しいワトキチみんかぶ弁当で大満足♪


9月には、伝統工芸士の大西師匠へ会いに滋賀県の大西新之助商店様へ。
工場見学、染体験、旨い酒、旨い食事、蔵元見学、そして野菜収穫など。
ん?遊んでる・・・。いやいや、打ち合わせも少々。


その翌週は、新潟へ。3年前にハマった越後妻有トリエンナーレ。
今年は作品番号100番「やまもじプロジェクト」のお手伝いをさせていただき、
津南の山中にて巨大な送り火を実体験。身も心も、熱い9月となりました。

さて、振り返りはそのぐらいにいたしまして、今回のお知らせでは、
来月11月に開催する長唄三味線ワークショップや3年振りにプラネタリウムを
貸し切ったヴィブラフォンライブのご案内です。

三味線初体験、ヴィブラフォン初体験の方々にもお楽しみいただける内容です。
ご都合よろしければお気軽にご参加くださいませ♪


○【妻有】作品番号100番「やまもじプロジェクト」
http://takenowa.seesaa.net/article/125634718.html

○【上布】大西新之助商店
http://shinno-suke.com/index.html



目次  ―――――――――――――――――――――――――――――――

01 【竹ノ輪ワークショップ】
歌舞伎でお馴染みの長唄三味線について柏要二郎さんが易しく解説!

02 【ライブ】
プラネタリウムを貸し切った星空ヴィブラフォンコンサート!

03 【グルメ】
東京江戸川区の100%ハチミツ!異なる採蜜日で味の違いを楽しめるセット!

04 【インテリア】
幼稚園で使用されていたイスがこんなに可愛く生まれ変わりました!

05 【コラボレーション】
和に遊ぶ!竹ノ輪とシヤチハタ(株)のコラボレーションが実現!

06 【編集後記】
昭和の暮らし、幇間芸、柳宗悦、落語・・・とかとかとか

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

続きを読む


2009年10月22日

【展示】小倉充子 江戸型染 + shino's bijoux

200910%2F19%2F97%2Fd0110397%5F2226169%2Ejpg.jpg

小倉充子 江戸型染 + shino's bijoux

モチーフ、構図、色使いがツボにハマり過ぎな江戸型染作家の小倉充子さんとshinoさんの二人展が足利市の「いまあじん」で開催されます。


小倉さんの手ぬぐいは、

朝、出勤前に選ぶだけで楽しい♪

使って楽しい♪

使い古して、その風合いが嬉しい♪


そんな手ぬぐい。



いつか浴衣も。もちろん絵羽で!


期間:平成20年10月21日(水)〜10月26日(月)
時間:12時00分〜19時00分(作家在廊10/21)
場所:いまあじん(足利市) 栃木県足利市大門通り2380 0284-41-2188

ほぼ日の小倉さん特集サイト
posted by TAKE at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・展示会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

【能楽】第9回雙ノ会

久し振りに能楽の会のご紹介です。

第9回雙ノ会 SOHNOKAI
11月17日(火) 午後6時30分開演 / 6時開場
宝生能楽堂にて

狂言 『川上』
夫  石田幸雄
妻  野村萬斎

能  『清経 / 音取』 田崎隆三、田崎甫、殿田謙吉
笛    一噌幸弘
小鼓   大倉源次郎
大鼓   柿原祟志

終了予定 午後9時頃

<チケット> 全席指定
正面限定 12、000円
正面   10、000円
脇正面   8、000円
中正面   6、000円

9月1日(火)発売開始

<問合せ先>
雙ノ会事務局
電話 03(5215)7477 FAX 03(5215)7479

チラシを見る(PDF)


ご興味ある方は以下をご連絡いただければ、チケットをお手配していただけるとのことです。

1.チケット種類
2.枚数
3.送付先住所
4.氏名

※チケットのお申込みは、私と面識のある方のみとさせていただきます。ご了承ください。
posted by TAKE at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・展示会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

【落語】菊六さん新人大賞受賞!

2769144_242.jpg

今年、竹ノ輪浴衣の会で落語をご披露いだいた古今亭菊六さんが、NHK演芸新人大賞を受賞されました!

四年越しで念願叶ったとのこと。おめでとうございます!


さて、その菊六さん、11月に第十回目となるパレットクラブ(築地)での落語会が開催されます!

私が菊六さんに出会った落語会でこざいます。

詳しくは「原田治ノート」をご覧くださいませ。

posted by TAKE at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

【ワイン】第2回竹ノ輪フランスワインを楽しむ会

main_image.jpg

※10月18日(日)14時&16時 開催決定。

2回目のワイン会の概要が決まりました!

国際規格の試飲用グラスもご用意しますので、
手ぶらでお気軽にご参加ください!

お申し込みは、竹ノ輪サイトより!

竹ノ輪サイトを見る

ご都合よろしければ是非♪


■解説

フランスワイン専門店「ボン・ヴィーヴァン」協力
「竹ノ輪フランスワインを楽しむ会」


帰ってきたワインパーティー!でございます♪

そもそも竹ノ輪のはじまりは、おぉ!これは美味しい!と感じたワインを少人数で飲むよりは、みんなで飲んで楽しみたい!という思いで始まったワインパーティー。(そこから「みんかぶ」などへ移行して、現在に至ります。)

で、当然、人によって味覚も好みも違うので、私はこっちの方が好きかも!となるわけですが、寧ろ、それが楽しい!みんなで楽しみたい!って云うのは、自分と違う感覚にも触れたい!ってことでもありまして。

違う感覚に触れたとき、自分の感覚を強く実感できる感じが好きなのです。w

そこで必要になるのが、互いの感覚を主張し合いながらも、互いの異なる感覚を認め合える仲間。

そして、旨いワイン♪

この度、フランスワイン専門店様のご協力により、ちょっと大人になった竹ノ輪ワイン会を開催します。


テーブルワインかどうかっていう価格の問題は、個々の所得との関連なので一概には言えないのですが、イメージとしては普段のテーブルワインよりもランクアップなワイン、ちょっとした記念日に飲みたいワインというようなランクの中から、「ボン・ヴィーヴァン」店長平松氏がチョイスしたフランスワインを国際規格の試飲用グラスで楽しく飲み比べます♪


まずは、知識よりも感性で!薀蓄よりも味覚で!
もちろん、判らないこと気になったことはお答えていただけますが、まずは感受性全開で楽しみせう!!


以下、協力をお願いする平松氏のブログより抜粋。

「(前略)ワインはわからないことも多いですし、特に高額なワインは、1人2人ではなかなか負担も大きく、実際に買ってそれが自分に合わなかったらそれは残念です。それに1人2人では飲み切れなかったり、それなら少しずつ、いろいろな種類を試せたほうがいいかなあとも。

何人かで予算を出しあって飲めば、割り当ては減るかもしれませんが、味も知ることができるし仲間と楽しく会話もできます。そこで味を知って、自分でこんどはこういう風なワインを試してみようかな、でも充分です。特に知識は要りませんし。

(中略)

日本酒の会もそうかもしれないですが、ワインの会はどうしても、イメージとしてなんとなく近づきがたい雰囲気になっていることが多いのでそうならないように気をつけます。」


■協力者について

フランスワイン専門店「ボン・ヴィーヴァン」とは?

本場フランスで普通に親しまれている基準のワインを遠州地域でも手に入れられないだろうか?と志しました。
輸入会社さんの全面的協力で「品質重視」を徹底することができました。

フランスワイン専門店「ボン・ヴィーヴァン」
http://www.ooibari.jp/



■プロフィール

平松敏宏 HIRAMATSU Toshihiro

フランスワイン専門店 ボン・ヴィーヴァン店長


とある懇親会に参加していた時のこと。ワインについて興味も知識も皆無だった時、偶然どうぞ、と振舞われた赤のワイン。一口含んだ瞬間、なんと味のバランスのよい飲み物なのだろう、とちょっとした感銘を受けた。


実はこの時の赤ワインが当店HPの「シャトー・フォンダルザック」なのです。そうした経緯でフランスワインを知り、日本に輸入される現状のフランスワインにおいて横行している買い付けや取引の方法に衝撃を受ける。

ブランド志向やバイヤーなどの個性によるワインセレクションではなく、あくまで本場フランスで当たり前に親しまれている基準でワインを選ぶことのできる小売店を志す。

ブログ「ほんとうに美味しいワインって・・・」
http://kamishimoya.hamazo.tv/



■概要

フランスワイン専門店「ボン・ヴィーヴァン」協力
「竹ノ輪フランスワインを楽しむ会」


○日時

2009年10月18日(日)

第1部
受付 13:45
開始 14:00
終了 15:30

第2部
受付 15:45
開始 16:00
終了 17:30

解 説 10分
試 飲 40分
歓 談 40分

○場所

vindens cafe

住所 :東京都杉並区天沼3-10-17-102(地図)
TEL/FAX:03-6479-3259

HP:http://www.ne.jp/asahi/cafe/vindens/
blog:http://ameblo.jp/vindens/
mail:vindens.cafe@gmail.com

最寄り駅 JR中央線、東京メトロ丸ノ内線「荻窪駅」 北口徒歩10分


○定員

各部 8名様


○参加費

4,000円 (ワイン代、おつまみ代込み)


○お申込み

竹ノ輪サイトよりお申込みください。
※只今お申込みページ準備中。

※定員を超えていた場合には、キャンセル待ちをお願いするかお断りする場合がございます。予めご了承くださいませ。


○注意事項

・ワインを楽しむ会です。簡単なおつまみをご用意いたしますが、お腹は一杯になりません。
・国際規格の試飲用グラスをご用意しております。手ぶらでお気軽にご参加ください。
・「マイグラスマーカー」持参、歓迎!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。