2009年06月28日

【職人・作家】小倉充子さん

09yukata.jpg

本日、白瀧呉服店さんが銀座で開催されている「白瀧浴衣展」へお邪魔して来ました。

白瀧浴衣展

で、そこでお会いしたのが江戸型染作家の小倉充子さん。

勘太郎好き、仁左衛門好き。しかも、平成中村座の假名手本忠臣蔵は4プログラム制覇、歌舞伎チャンネルにも加入済みとなれば、それはもう盛り上がる、盛り上がる。浴衣に煙管の雨を降らせたのなら揚巻も欲しい!「いやいや、羽裏に揚巻染めたぜ!」とか、「女殺油地獄」浴衣をどうデザインするか!とか。w

金丸座は未体験でいらっしゃるらしく、一度は行かれたいとのこと。なので、次にこんぴら歌舞伎へ行く機会があった際にはお声掛けします!ってことに。w

落語もご贔屓の独演会に行かれるとのこと。談春さんとか喬太郎さんとか。

あぁ〜なんて楽しい時間♪
ずっとお話ししていたい。
一緒に蕎麦食べて、お酒を飲みたい。w

いやぁ〜、久し振りに笑い疲れましたわ。^^;


そそ、今年の5月に「ほぼ日」で紹介されていらっしゃいました。

小倉充子さんと、江戸のきもの。




あっ、手拭い買ってくるの忘れた・・・。(-_-;)>


posted by TAKE at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

【展示】小さなリボン結び展 aimimosa 小早川ひとみ

img20090612011434.jpg img1B20090612011434.jpg

小さなリボン結び展 aimimosa 小早川ひとみ

今年の「竹ノ輪浴衣」で見事製品化を果たした小早川ひとみさんの個展が吉祥寺の「にじ画廊」さんで開催されます。

製品化された浴衣の実物も会場でご覧いただける予定です!

竹ノ輪浴衣 「夏の夜に我想ふ」 aimimosa-小早川ひとみ

以下、展示紹介より抜粋。

「日々の”アタリマエ”に小さなリボンをキュッと結び、”トクベツ”な日に・・・。
キモチに、言葉に、表情に、音に、時間に、そこに居てくれることにありがとうのキモチを込めて、作品を描きます。」


期間:2009年7月16日(木)- 7月21日(火)
時間:12:00 - 20:00
場所:にじ画廊(吉祥寺)

小早川ひとみさんのオフィシャルサイト aimimosa
posted by TAKE at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・展示会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

【ワイン】竹ノ輪フランスワインを楽しむ会

main_image.jpg

※明日19日(金)19:30〜 開催決定。

大人版ワイン会の概要が決まりました!

国際規格の試飲用グラスもご用意しますので、
手ぶらでお気軽にご参加ください!

ご都合よろしければ是非♪

明日の朝までにご連絡いただけると
ワインやおつまみの用意があるので助かります。

当日ギリギリでのご参加も歓迎♪(^^)v


■解説

フランスワイン専門店「ボン・ヴィーヴァン」協力
「竹ノ輪フランスワインを楽しむ会」


帰ってきたワインパーティー!でございます♪

そもそも竹ノ輪のはじまりは、おぉ!これは美味しい!と感じたワインを少人数で飲むよりは、みんなで飲んで楽しみたい!という思いで始まったワインパーティー。(そこから「みんかぶ」などへ移行して、現在に至ります。)

で、当然、人によって味覚も好みも違うので、私はこっちの方が好きかも!となるわけですが、寧ろ、それが楽しい!みんなで楽しみたい!って云うのは、自分と違う感覚にも触れたい!ってことでもありまして。

違う感覚に触れたとき、自分の感覚を強く実感できる感じが好きなのです。w

そこで必要になるのが、互いの感覚を主張し合いながらも、互いの異なる感覚を認め合える仲間。

そして、旨いワイン♪

この度、フランスワイン専門店様のご協力により、ちょっと大人になった竹ノ輪ワイン会を開催します。


テーブルワインかどうかっていう価格の問題は、個々の所得との関連なので一概には言えないのですが、イメージとしては普段のテーブルワインよりもランクアップなワイン、ちょっとした記念日に飲みたいワインというようなランクの中から、「ボン・ヴィーヴァン」店長平松氏がチョイスしたフランスワインを国際規格の試飲用グラスで楽しく飲み比べます♪


まずは、知識よりも感性で!薀蓄よりも味覚で!
もちろん、判らないこと気になったことはお答えていただけますが、まずは感受性全開で楽しみせう!!


以下、協力をお願いする平松氏のブログより抜粋。

「(前略)ワインはわからないことも多いですし、特に高額なワインは、1人2人ではなかなか負担も大きく、実際に買ってそれが自分に合わなかったらそれは残念です。それに1人2人では飲み切れなかったり、それなら少しずつ、いろいろな種類を試せたほうがいいかなあとも。

何人かで予算を出しあって飲めば、割り当ては減るかもしれませんが、味も知ることができるし仲間と楽しく会話もできます。そこで味を知って、自分でこんどはこういう風なワインを試してみようかな、でも充分です。特に知識は要りませんし。

(中略)

日本酒の会もそうかもしれないですが、ワインの会はどうしても、イメージとしてなんとなく近づきがたい雰囲気になっていることが多いのでそうならないように気をつけます。」


■協力者について

フランスワイン専門店「ボン・ヴィーヴァン」とは?

本場フランスで普通に親しまれている基準のワインを遠州地域でも手に入れられないだろうか?と志しました。
輸入会社さんの全面的協力で「品質重視」を徹底することができました。

フランスワイン専門店「ボン・ヴィーヴァン」
http://www.ooibari.jp/



■プロフィール

平松敏宏 HIRAMATSU Toshihiro

フランスワイン専門店 ボン・ヴィーヴァン店長


とある懇親会に参加していた時のこと。ワインについて興味も知識も皆無だった時、偶然どうぞ、と振舞われた赤のワイン。一口含んだ瞬間、なんと味のバランスのよい飲み物なのだろう、とちょっとした感銘を受けた。


実はこの時の赤ワインが当店HPの「シャトー・フォンダルザック」なのです。そうした経緯でフランスワインを知り、日本に輸入される現状のフランスワインにおいて横行している買い付けや取引の方法に衝撃を受ける。

ブランド志向やバイヤーなどの個性によるワインセレクションではなく、あくまで本場フランスで当たり前に親しまれている基準でワインを選ぶことのできる小売店を志す。

ブログ「ほんとうに美味しいワインって・・・」
http://kamishimoya.hamazo.tv/



■概要

フランスワイン専門店「ボン・ヴィーヴァン」協力
「竹ノ輪フランスワインを楽しむ会」


○日時

2009年6月19日(金)

19:30〜21:30(2時間程度)

解 説 15分
試 飲 30分
歓 談 75分+α

○場所

竹ノ輪邸(新宿区)

最寄駅 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」、JR総武線「大久保駅」
詳しくは、お申込みされたお客様にメールでご案内いたします。


○定員

各部 5〜12名様

お申込みが5名様に満たなかった場合は、中止となります。ご了承ください。


○参加費

3,500円 (ワイン代、おつまみ代込み)


○お申込み

2009年6月17日(水)までに
メールにて、以下の要領でお申込みください。

宛先:takenowa☆gmail.com
件名:20090619ワイン会参加
本文:お名前、人数、携帯電話番号

※「☆」は「@」です。
※定員を超えていた場合には、キャンセル待ちをお願いするかお断りする場合がございます。予めご了承くださいませ。


○注意事項

・ワインを楽しむ会です。簡単なおつまみをご用意いたしますが、お腹は一杯になりません。終わったら麺通団でも行きますかね。
・国際規格の試飲用グラスをご用意しております。手ぶらでお気軽にご参加ください。
・「マイグラスマーカー」持参、歓迎!

最後のみんかぶ受付開始!

※このメールは、竹ノ輪サイトでご登録いただいた方や
竹ノ輪スタッフとお名刺交換させていただいた方にお送りしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

和に遊ぶ!竹ノ輪からのお知らせ
http://takenowa.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[Vol.25 2009.06.18]


こんにちは、竹ノ輪のTAKEです。


まずは、竹ノ輪浴衣について、進捗のご報告を。
機元さんより、今週中に染め上がる予定です。とご連絡いただきました。
夏には間に合うかと存じます。今しばらくお待ちくださいませ♪


さて、竹ノ輪浴衣と言えば、先週の12日(金)には竹ノ輪浴衣の染めを
お願いしている浜松の武藤染工(株)さんへお邪魔して参りました。

感想は、編集後記に書くとして、とにかく全てが「手作業」で驚きました。

「浜松注染」は、静岡県の「県郷土工芸品」に指定されており、
指定を受けるための4つの要件の中のひとつとして「製造工程の主要部品が
手工業的であること。」という指定があるため、生地巻きや糊つけ、染め、
洗い、天日干し、巻き取りなど、ほとんどの工程に人の手が掛かっています。

また、竹ノ輪浴衣の形紙も、伊勢形紙で有名な三重県で彫られており、
こちらもやはり手彫り。

手作業と機械、それぞれ良い点がありますが、竹ノ輪としては
可能な限り人の手による作業に拘りたい。でも、高級になり過ぎても困る・・・。

そのバランスを意識しながら、「夏と云えば竹ノ輪浴衣!」と皆様に楽しんで
いただけるよう今後とも努めて参りますので、来年もよろしくお願いします!


そそ、来年の竹ノ輪浴衣をデザインしてくださる作家さんも、
のんびりと募集開始したいと思います。

メールの件名を「竹ノ輪浴衣2010参加」としてentry@takenowa.jpまで
参加希望の旨をお送りください。募集要項などが決まり次第、ご案内します。


さぁさぁ、夏と云えば忘れてはならないのが恒例「みんかぶ」でございます!

歌舞伎座建て替えに伴い、今年で一先ず最後の「みんかぶ」になります。
もちろん毎年大好評!watoさんの「みんかぶ弁当」が付いて、先着50名様!

どうぞお早めにお申込みくださいませ♪


”最後の”みんな浴衣で納涼歌舞伎!2009




目次  ―――――――――――――――――――――――――――――――

01 【”最後の”みんな浴衣で納涼歌舞伎!2009】
8月23日(日)3部を観劇。もちろん今年もwatoさんのみんかぶ弁当付き♪

02 【竹ノ輪浴衣パーティin清澄庭園】
8月1日(土)清澄庭園で浴衣パーティー!食事はCUELさんを予定♪

03 【竹ノ輪フランスワインを楽しむ会】
6月19日(金)竹ノ輪の原点回帰!大人版ワインの会を開催♪

04 【竹ノ輪インタビュー】
竹ノ輪出版ブログに移設して更に読み易くなりました♪

05 【編集後記】
竹ノ輪浴衣の注染工場の見学と現役最高齢歌舞伎俳優の芸談を聞く

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
続きを読む

2009年06月12日

【注染】大人の社会科見学

1195016333_219.jpg

8時
新宿を出発。

12時
三ヶ日にて旨いうなぎを食べた後、浜松で注染の工場(こうば)、織物の工場、帯を織る工場を見学させていただく。

22時
何だか細胞の底から意識が変わる感覚。


たった今、自分の身に着けている被服の原材料、産地、作り方、販売方法までを知らない自分に改めて驚く。食も住まいも同じく。


昨日と今日の私が違うという感覚。


24時
風呂上がり、義父が用意してくれた金沢の日本酒を呑む。


さて、明日、小山三さんの芸談を聞く自分の変化を楽しみに眠ろう。
posted by TAKE at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

初めての「いけばな」を気軽にやってみる!

※このメールは、竹ノ輪サイトでご登録いただいた方や
竹ノ輪スタッフとお名刺交換させていただいた方にお送りしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

和に遊ぶ!竹ノ輪からのお知らせ
http://takenowa.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[Vol.24 2009.06.03]


こんばんは、竹ノ輪のTAKEです。

遂に竹ノ輪浴衣の形紙が出来上がりはじめました♪

生地を用意し、染めに入るとのご連絡いただきましたので、来週は注染工場と
織物工場の見学へ行って参ります!


また、8月1日(土)には「竹ノ輪浴衣パーティー(仮)」を企画中です。
今から予定表に「竹ノ輪浴衣パーティー」とご記入お願いいたします♪


さて、今回は久し振りの「いけばなワークショップ」や展示情報をお届けします!



目次 ――――――――――――――――――――――――――――――――

01 【初めての「いけばな」を気軽に楽しむ!】
6月14日(日)手ぶらで気軽に「いけばな」体験!花材は「かきつばた」!

02 【早稲田のカフェギャラリーでイラストを楽しむ!】
8日(月)が最終日!雰囲気のいいカフェでキダサヨワールドを満喫!

03 【目黒のスマートだけどノンビリ雰囲気なギャラリーで絵画を楽しむ!】
C-DEPOT代表の金丸悠児さんの個展が目黒駅傍ギャラリーで開催中!

04 【池袋で現代版役者絵!?を楽しむ!】
芸大生7人による版画展「G7」が池袋で開催中!

05 【有楽町で毎年速攻売り切れの麻の「ハギレ」を狙う!】
8日(月)から大西新之助商店「夏のよそほひ 近江上布展」開催!

06 【編集後記】
新型インフルエンザ蔓延につき、急遽、・・・

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
続きを読む

2009年06月03日

【展示】夏のよそほひ 近江上布展

natsuno.jpg

夏のよそほひ 近江上布展

新之助上布さんが再び有楽町へやって来ます!

上布を織る貴重な体験もできますし(※機織体験は9日からになります。)、毎回あっという間に無くなってしまう新之助上布の端切れもあるようです。お早めに♪

また、今回は平日だけでなく土曜日も開展しておりますので、今までご覧になれなかった方も是非!

以下、展示紹介より抜粋。

「滋賀県の歴史に名高い伝統工芸品「近江上布」の中から自慢の逸品を首都圏の皆様にご紹介いたします。梅雨の蒸し暑い夏を乗り切る先人の知恵、天然素材・麻のおしゃれ着である近江上布の反物・浴衣・シャツ・生地端切れ・帯地、シャツ、小物を展示・販売いたします。また、近江上布となる原料の麻・道具などの展示、手織り体験・実演・解説も行います。」


期間:2009年6月8日(月)- 6月13日(土)
時間:11:00 - 19:00(最終日は、17:00まで)
場所:有楽町電気ビル ふるさと情報プラザ(有楽町)
posted by TAKE at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・展示会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【展示】G7 -芸大版画7人展-

g7.jpg

G7 -芸大版画7人展-

今年の「こんぴら歌舞伎ツアー」でご一緒させていただいた中島宏子(ナカシマヒロコ)さんが参加されている「芸大版画7人展」が、池袋のB-galleryで開催されます。

まずは菊之助の版画を拝見できるのが楽しみです!

期間:2009年6月2日(火)- 7月5日(日)
時間:14:00 - 18:00(休廊:月曜日)
場所:B-gallery(池袋)


ラベル:芸大 版画
posted by TAKE at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・展示会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。