2008年01月24日

「a flower in snow」 written & produced by el fog

第1回竹ノ輪企画展2007 『日本の花』

竹ノ輪企画展第1回目ののテーマは、

『日本の花』。

竹ノ輪からアーティストやクリエーターの方々にお願いしたことは「日本の花」というテーマでオリジナル作品を制作していただきたいということだけ。それ以外の制約は一切ありません。

「日本の花」。この日本語から、日本のアーティストやクリエーターの方々は、どのようにイメージを広げ、どのような作品が創るのでしょうか。全ての作品が集まったとき、今の日本がちらりと見えてくるのかも知れません。

第1回竹ノ輪企画展7人目のご紹介は、アーティストのel fogさんです。


   ◇   ◇   ◇


「a flower in snow」 written & produced by el fog 3:03



雪の中に咲く花をイメージして作りました。ヴィブラフォンの音のみで作っています。

el fog

el fog (artist)

神奈川県出身、現在ベルリンを拠点に活動中。ヴィブラフォン、サンプラー、エレクトロニクス等を用い、独自の世界感を追求する。エレクトロニカ、ダブ、ジャズ、ヒップホップなどの音楽からと同様に、山や霧の持つ静かな緊張感、深み、荘厳さからもインスパイアされ創作活動を行う。2007年3月、Remote Viewer が主催するイギリスのレーベルMoteerより
アルバム"Reverberate Slowly"をリリース。

http://www.myspace.com/elfog
http://www.moteer.co.uk/

ファーストアルバム「el fog reverberate slowly (moteer::010cd)」を見る

el fogのインタビューを見る


Creative Commons License


この作品は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。


posted by TAKE at 01:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

第1幕 松竹創業者 大谷竹次郎

今日からはじめることにしました「竹ノ輪日記」。

1週間に1回のアップを目指します。
(既に「日記」でないじゃん・・・。)

竹ノ輪についての話を中心にしながら、徒然なるままに。


さて、初回はやはり大好きな歌舞伎ネタから。


松竹創業者の大谷竹次郎さんの言葉をご紹介。
続きを読む
ラベル:松竹 歌舞伎 創業
posted by TAKE at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

必見!「希水展 KISUI EXHIBITION」開催中!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

和に遊ぶ!竹ノ輪からのお知らせ
http://takenowa.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[Vol.4 2008.01.11]

こんにちは、竹ノ輪主宰 TAKEです。

随分と遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

さて、昨日1月10日(木)より『希水展 KISUI EXHIBITION』が銀座のギャラ
リースコットさんで始まりました!会場に居るとメンタルがスッとするような
とても気持ちの良い空間になりました。

紛れもなく「書道」ではありますが、イラストや絵画のように楽しめる作品が
勢ぞろいです。観たままに感じて楽しむ、そして言葉を確認し、言葉と書の
関係をまた楽しむ。パッと見た感じでは抽象的ではありますが、それが普段から
目にしている言葉であるが故に、作品の抽象度と日常的な言葉とのギャップから
受ける刺激が面白い。

要するに、難しく考えずに楽しめる展示会であります!w

どの作品も、是非ともご覧頂きたいものばかり!

普段可愛いらし印象の個展やグループ展が開催されるギャラリースコットさんの
雰囲気の変化が面白い。そんなマニアックな楽しみ方もございます。^^;


では、2年目に突入した竹ノ輪からのお知らせ Vol.4をお楽しみください!


目次  ―――――――――――――――――――――――――――――――

01 【希水展 KISUI EXHIBITION】
  2008年1月10日から15日まで!中澤 希水先生初個展がスタート!必見!

02 【竹ノ輪カレッジ】
  希水先生の書道講座「書に触れる」「書を創る」2月2日(土)よりスタート!
 
03 【竹ノ輪亭】
  ちょっと贅沢なシェフ付きお食事会「竹ノ輪亭」1月21日(月)より受付開始!

04 【タケノワ後記】
  竹ノ輪が守りたいもの。著作権問題とか文化的建造物とか。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
続きを読む

2008年01月08日

自費出版大手の出版社「新風舎」事実上倒産

自費出版大手の出版社「新風舎」事実上倒

さっさと退散するあたり、流石だなと思ったり思わなかったり・・・。

「出版」という作業そのものを取り扱うのであれば、「出版したい」という人の欲望を突っついたまるでギャンブルのようなビジネスにしないで、文化発展のために社会インフラ整備の一環というぐらいの気合で
サービスを広く安価に提供する覚悟とシステムを整えて取り組んで欲しい。

というのが私の願望でしたので。

何れにせよ今後もまるで土石流のように流れ続ける情報の中で受け手側の情報処理能力が一層求められる時代になります。人が情報を扱うようになってからずっ〜と同じなんでしょうけど。

そんな時、私にとって一番大切なのは、自分が何のために生きているのかっていう、自分が立つ根っこの部分なのです。弱いのでね。すぐ不安になるので。ハナから疑って掛かるので。^^;

今年は、流されない強い根っこと幹をつくろう。
そして風に逆らわず、しなやかになびく枝と葉を育てたい。
目立つ場所じゃなくていいし、大木じゃなくてもいいから。
生きているぞ!っていう雰囲気が醸し出されている強い木に。

そんな風に思ふのです。


さてさて「希水展 KISUI EXHIBITION」のサイトに英訳が追記されました! 10日から開催です!展示概要の英訳もアップしました!

どうぞよろしくお願いいたします!

「希水展 KISUI EXHIBITION」
http://takenowa.jp/kisui/
ラベル:希水展 書道 出版
posted by TAKE at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。