2007年11月06日

円朝

encho.jpg

2007年10月27日

おはようございます、TAKEです。

雨が降ったから、くしゃみ鼻水が落ち着くかと期待していたら、すっかり裏切られまして、勝手な期待は体に毒だと思う今日この頃です。

さて、わたくし円朝師匠についてはまるきっり詳しくないので、ご興味持たれた方はネットでお調べいただくことにしますけれど、そんなわたくしの日記のタイトルが何故「円朝」かと申しますと、昨日朝一から新橋演舞場で昼の部を観劇いたしました。この昼の部のラストの演目が「文七元結」。中村屋の最終日らしい熱気溢れるスタンディングオベーションが終わる途端に雨の東銀座をひた走り歌舞伎座の幕見へ並びまして、仁左様と玉様の「牡丹灯籠」を観たからであります。

そんな昨日の感想は、今の日本が無くしてしまった心について一冊の本がわたくしでも書けてしまうのではないかという妄想を一瞬本気にしそうなほど熱い想いが冷めていませんので、またの機会にして、これから商工会議所で開業についての諸手続の講座を受けてきます。

今回の受講目的は、お金と諸手続の確認。

熱い想いを一旦胆の底に押し込んでいざ!


posted by TAKE at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。