2007年04月28日

プレオープン

tei_log3.jpg


竹ノ輪亭プレオープンの模様がネイルアーティストLINDAさんのブログで公開されました!
何だかとっても恥ずかしいのですが、当日の私と言えば、ひたすらみんなと一緒に食べて飲んで「うまぁ〜い!」「すげぇ〜!」と騒いでいただけという何とも情けない状況でありました・・・。(ーー;)>


5月の竹ノ輪亭は、竹ノ輪SHOPでお申込受付中です!


posted by TAKE at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

reverberate slowly / moteer::010cd

elfog00.jpg

el fogさんのデビューアルバムが、遂に竹ノ輪SHOPで発売でございます。先着10名様には、竹ノ輪限定のサインカードが付いてきます!

詳しくは、竹ノ輪SHOPへ!
posted by TAKE at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

竹ノ輪からのお知らせ

415293400_161.jpg tei_log3.jpg

今日は、武道館で開催されたフジコ・ヘミングウェイさんのチャリティーコンサートへ行って来ました。

流石に武道館では、座って長時間聴くのは正直シンドイですね。集中できない・・・。これから武道館で立ち上がらないジャンルのコンサートに行く場合には、クッション持参にします。

音も武道館でベターな状態になるように拘ったセッティングをされたようなのですが、そこはやはり武道館。武道館は、やっぱり武道館。椅子のこともあり、今度は普通のコンサートホールで、ゆったりと聴きたいなぁ〜と思ったのでした。

まぁ、チャリティーコンサートですから、人集めてナンボの世界。1万4千人集まって、出演料は全てユニセフと動物愛護へ寄付だそうです。当初、出演料の一部をユニセフへという話だったのが、フジコさんが全部寄付すると仰ったので黒柳さんが、それは困ります。とお断りして落ち着いたと思ったら、最後の最後、舞台上でフジコさんが「ユニセフに寄付する以外の出演料は動物愛護協会へ寄付します。(みなさんから頂いたお金を勝手に寄付して)ごめんなさい。」と宣言。そりゃもう「勝手」にしていただいて構わないわけで。w

まぁ、色んな意味で様々に考えさせられるチャリティーコンサートでありました。


チャリティーコンサートの後は、東京都写真美術館(以下、写美)の「日本写真開拓史T.関東編」へ。写真好きの方はもちろんですが、幕末好きの方も是非ご覧下さい!私は、司馬遼太郎さんの『胡蝶の夢』の主人公であった松本良順さんのお姿を拝見できたのが何だかとても嬉しかったのであります。


さてさて、ここからが本題。竹ノ輪からのお知らせです。



・竹ノ輪SHOPにて、竹ノ輪イベント「みんな浴衣で納涼歌舞伎!」と竹ノ輪亭の5月開店分の発売をはじめました。「みんかぶ」はお申込順に前の方から席を割り当てますので、お早めに!着付教室やヘア&メイク、ネイルチップなどのワークショップ開催も検討中です。

パソコ:http://takenowa.jp/index.html
携帯:http://takenowa.jp/m/

qr.bmp

・竹ノ輪サイト、竹ノ輪SHOP、どちらも諸々更新いたしました。準備中もまだありますが、このGWで更新する予定。竹ノ輪ショップのグループ別けで悩み中・・・。

http://takenowa.jp/index.htm

・竹ノ輪SHOPでメルマガはじめました。竹ノ輪の最新情報をお届けする予定であります。どうぞよろしくお願いします!m(__)m

http://takenowa.jp/index.html

・el fogさんの竹ノ輪限定版デビューアルバムの発売を28日(土)の朝に予定しています。お楽しみに♪!(^^)!

・大阪では新歌舞伎座が移転し、新しくなるそうです。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070425AT5D2501425042007.html


というような状況でございます。


今後の予定としては、ケータリング・フードサービスCUELさんのアイテム発売や書道家中澤希水先生の書道講座の第二期以降の募集などを予定しております。



このGW中に、竹ノ輪の10年後、5年後、1年後を具体的に決めなきゃな・・・。

2007年04月24日

であい まなび ひろがり

■日本経済新聞 2007年4月24日 朝刊27面

経済教室 試される文化力(下)
国際交流基金理事長 小倉和夫氏

「政策の評価 経済学活用で」

(前略)たとえば歌舞伎を例にとれば、歌舞伎の公演に3万円を払っても潔しとする人もいれば、3千円でも行かない人もいよう。これは、300万円なら乗用車を買わないが、30万円なら買う人がたくさんいる、といった例とは異なり、ある種の文化活動では、個人的な体験、趣味から来る非価格要素が極めて大きいことを物語っている。
 この点は、単に需要の価格弾力性の問題に帰着するとは言い難い。なぜならば、貴重な文化財においては、供給の価格弾力性と需要の価格弾力性との間に連動性があるように見受けられ、こうした点は実証的研究が必要ではないかと思われる。(後略)


とのこと。

まぁ、ちょっとタイムリーだったので、載せてみました。

私は「文化を経済する」必要性は、文化の継続的な発展の為にも必要だろうと常々試行錯誤しております。

なので写美の2階でやっている展示のカテゴリー※は、そう云った意味でも、いい点突いてるよなぁ〜と思ふのです。



であい


まなび


ひろがり




竹ノ輪がやること、やりたいことも同じなんだよなと。


※日本写真開拓史T.関東編
http://www.syabi.com/details/kaitaku.html
posted by TAKE at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

みんな浴衣で納涼歌舞伎!2007

minkabu2.jpg

さぁさぁ、受付開始でございます。

http://takenowa.jp/SHOP/TE-MK02007.html

まぁ、確かに安くはないかも知れませんけれども、観る前から「高い!」なんて思っちゃ、そりゃぁ〜人生勿体ないってもんでございます。

そういうのを「食わず嫌い」と申しまして、私なんて、三十路過ぎてから魚介類が美味しく食べられるようになったわけですが、そのお陰で随分と勿体無い時間を過ごしたなぁ〜などと、今更振り返る次第であります。

そもそもの原因は、実は「食わず嫌い」というよりも「旨い魚介類を食べていなかったから」なわけでして、そうなるとやっぱり初めての方こそ1等席で観て頂きたいのでございます。

そんなこだわりを持って、例年オススメしているみんな浴衣で納涼歌舞伎!

みなさま今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!m(__)m

2007年04月15日

山狩り、新発売!

tag_01_raion.jpg

〜HUNTING IN THE MOUNTAIN〜

イラストレーター・グラフィックデザイナー山本州さんの個展「山狩り」展1・2に登場した動物たちが「タグ」になりました。

部屋に飾ったり、バッグにつけたり、しおりとして使ったり、自由な発想で”山狩り・タグ”をHUNTINGしてみてください。

○素材:紙
○サイズ:15p×9.5p(パッケージのサイズ)

※パッケージ上部が、画像と異なる色の場合もございます。


という訳で、レアグラフ山本州さんのオリジナルペーパータグが竹ノ輪SHOPで発売になりました!

紐が尻尾。

いいと思うんですよ。

こういうの。

ほんわか感が好きです。
posted by TAKE at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 竹ノ輪SHOP情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

練習中







ちょっと動きの練習をしてみました。

まぁ、初めてですから。

これから、これから。


あっ、ちなみに上の画像は「あっち向いてホイ」です。

ビンタではありません。
posted by TAKE at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際弓道連盟設立記念大会

HI350004.jpg HI350003.jpg HI350005.jpg


今日は、生の弓道に初めて触れてきました。

武道館で開催された「国際弓道連盟設立記念大会」。

道というものは、己と如何に向き合うのかということで、例えば弓道なら的に当たるかどうか、例えば書道ならどんな書にが現れるか、それらは向き合った結果が現れるものなのだなと再確認。

まず自己の存在を認識し、そこから体と心をコントロールし所作を極め、その結果が現世に目に見えるカタチで現れる。

3次元以上の認知力が勝負。

いいね、いいね。とても楽しい。

まいさん、あんじーさんありがとうございました!

是非この面白さを多くの方に伝えるお手伝いをさせて下さい!



道(タオ)とは

生きる(生き方)

ということか


HI350002.jpg
posted by TAKE at 00:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 弓道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

アートフェア東京2007

artfairtokyo.jpg artfairtokyo2.jpg

先日、竹ノ輪SHOPでも扱わせていただいている寺内誠さんの作品が拝見できるということで、行って参りましたアートフェア東京2007

今回は、小さめの作品がメイン。透明感のある綺麗な青や緑の作品。中でも植物が好き。飛行機の作品も素敵だったなぁ〜。嬉しいことに「おっ!」と思った作品は、キャプションに赤丸シールが。今度は大きな作品を拝見したいですね。

ギャラリー広田美術さんでは、寺内さんの他にお2人展示されておりましたが、お2人とも寺内さんと同じように綺麗で優しい色でした。


今回、初めてアートフェアなるものに足を運んで再確認したのは、アートは楽しい!ってこと。

美術に詳しい訳でもないし、現代アートに精通している訳でもない、全部が好きな訳でもないし、欲しいと思ったものがひょいと買える訳でもない。

でも、やっぱりアートは楽しい。

幕内政治さんが企画している「封筒の中のギャラリー」を微力ながらお手伝いさせて頂いている訳ですが、それも「アートをもっと身近に!」という思いがあったからこそでして。

竹ノ輪では、どちらかと云うと「和」テイストで色々と遊んでいこうと思っているのですが、現代アートも可能な限りチェックして、時流から離れ過ぎないようにすることも大切だと思うのです。
posted by TAKE at 23:29| Comment(2) | TrackBack(2) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほれて邦楽 長唄の魅力

horete01.jpg horete02.jpg horete03.jpg

行って来ました!ほれて邦楽。

ヤバかったです。

ロックです。

ファンクです。

ソウルです。

とてつもなく

グルーヴィーです。


ご興味ある方は、次開催があれば是非に!


長唄の解説も入門編として必要十分ではないかと。もう少し聞きたいわ…というぐらいで丁度よい具合でありました。

ほれました、邦楽!

続きを読む
posted by TAKE at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書に触れる

HI350009.jpg


2007年4月7日(土)より、竹ノ輪カレッジの初講座として中澤希水先生の書道講座「書に触れる」が開講しました。

毎月1回の全6回6ヶ月で1セット。各回毎のご参加も可能です。まずは講座名通り、気楽に「書に触れる」ことから初めていただきます。

また竹ノ輪カレッジと銘打ったぐらいなので、ワークショップとは異なり「学び」の要素が強くなります。あと所謂「お習字」でもありません。書道の「道」の部分にフォーカスした講座となります。

竹ノ輪カレッジでは、今後も間心感じる講座を増やす予定です。お楽しみに♪

続きを読む
ラベル:書道 中澤希水
posted by TAKE at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。