2007年03月30日

倉橋ヨエコとか森鴎外とか歌舞伎とか

387875926_38.jpg

387882953_231.jpg

都心でも畏れを感じさせてくれたことに感謝した昼休み。

そんな気分の写真。


   ◇   ◇   ◇

388586256_170.jpg


いやいや、早く寝るつもりだったのに、マイミクさんから、マイミクさんのマイミクさんオススメの倉橋ヨエコさんを教えてもらったら、YouTubeに見入ってしまって、すっかりこんな時間に・・・。w

倉橋ヨエコ

「損と嘘」

「盗られ系」

「恋の大捜査」

「人間辞めても」

「楯」

私は、夏、楯、人間辞めても、イチオシ。








   ◇   ◇   ◇

388419786_13.jpg


森鴎外の『ぢいさんばあさん』を分解中。

プロットに近づくと意外な発見が。歌舞伎の脚本との相違もまた面白い。

そして、妙に実生活と接点があるのも興味が尽きない理由か。

いざ国会図書館へ!


   ◇   ◇   ◇


387872005_49.jpg


昨日は中村萬次郎さんの「みんなで歌舞伎」へ。

歌舞伎の見どころを英語でも紹介するので外国人の方も多い。

まだ歌舞伎を観ていない日本人にもオススメ。大変分かり易い。

昨日は「つけ」について様々なシーンを実演しながらの解説。

極力事実のみを解説している様子が伺える。その演出を観てどう感じるかは観客次第ということだろう。

大変参考になったのが藤娘の舞台美術。海外の方々にも楽しんでもらえるようにと奥行き感のある派手なセットが組まれた中での舞踊。

舞踊という点から考えたら全く私の好みではありませんが、外国人の方々にどうすれば楽しんで頂けるかと考えた中での、ひとつの手段として興味深く拝見しました。


歌舞伎を観たい方、芸を観たい方にはオススメしません。

歌舞伎初心者や、体系的に歌舞伎の基礎知識を得たい方にオススメです!


国立劇場は、さくら祭りでした。


posted by TAKE at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

ただひとつの運命

早いですね。流石にもう云い飽きましたが、やっぱり驚くほど早いです。

前回の日記の翌日は、USAGI SPAIRAL Aのライブへ行って来ました。場所は、新大久保のEARTHDOM。近くていいわ。らっちょさんのドラムには、タライが装着されていました。タライドラムに興味のある方は是非ライブへ!

しかし、バンドって、兎に角もう羨ましいったらありゃしないです。カラオケ行きたいよぉ〜。

   ◇   ◇   ◇

その2日後には、お仕事で東京會舘へ行ったのですが、そこでなんと中村雀右衛門さんの後援会が総会を開催されているではないですか!!何という縁!(勝手に)慌てて掲示板の写真を撮ったのですが、ぶれてて全く読み取れず・・・。

東京會舘には、ぞくぞくと着物姿の後援会の方々がご到着。いつか私もと胸に誓ったのでありました。

   ◇   ◇   ◇

HI350062.jpg


HI350064.jpg


またその2日後には、ドイツワインの試飲会に浅草橋へ。この試飲会、ちゃんと休憩できるスペースがあって、試飲用に頂いたドイツワインと即売しているチーズや生ハムをその場で食べられるんです。試飲も無料のモノから、チケット制のものまで。1枚100円のチケットを10枚綴りで買えば、11枚。色んなワインが楽しめます。写真は、ドイツからいらした農園の方々。気合が入っているだけあって、やっぱり美味しい。写真撮影の時、「アメリカじゃ、チーズ!って云うけど、私たちはリィ〜スリング!よっ!」と教えてくれました。さすがドイツワイン!(笑

   ◇   ◇   ◇

日曜日は、『コーヒーの『ホントの』愉しみ方を知ろう! コーヒーの会』というのをお友達を呼んで自宅で開催。スペシャリティーコーヒーとはそもそも何か。あとは入れ方講座などワークショップ形式で。先生に様々な豆を入れてもらって味見をした後、最後は、みんなで同じ豆を入れて味の違いを比べてびっくりし通しの2時間半。コーヒーの奥深さを楽しんで頂けたようで何より何より。第2回も開催して欲しいとのお声を頂いているので、近い内にお知らせします!

   ◇   ◇   ◇

HI350066.jpg

HI350068.jpg

HI350072.jpg

土曜日は、パペットアニメーションの編集作業を、先生の事務所でやって頂くため、初めて荒川遊園地へ。都電も初乗車。多分。3時間で編集作業を終え、翌日は4チームの作品の上映会。その後は打ち上げランチと、打ち上げディナー。その後、カメラについて調べていたら、先生発見!(笑

先生とのお約束を果たすべく、再度荒川遊園地へ行く予定。そういえば、都電は貸切が出来るとのこと。ただし、飲酒はできない。貸切が終わったら、すぐに営業で使うからだそうで、酒臭かったら堪らないですな・・・。お問い合わせは、「判らなかったら何でも聞いてねぇ〜」という優しい荒川電車営業所のおじさんまで。

   ◇   ◇   ◇

風邪でダウンしたので先日借りてきた『人形[パペット]アニメーションの魅力★ただひとつの運命★』(著:おかだえみこ/発行:河出書房新社)を一気読みしました。

驚いた。というよりは、やはりか、という思い。然るべき、という感覚。

最後の章、川本喜八郎氏がトルンカ氏に「人形とは何でしょうか」と質問するくだりでのアドバイス。

何人かの方には伝えていた私のパペットアニメーションの作品構想。

その本質をチェコの偉大な監督が、日本の偉大なアニメーション作家に既にアドバイスしていた。

当然といえば当然。誰もが考えること。

あとはその実践。

現代に生きる私が、どうすれば表現できるのか。

やってみるしかない。


posted by TAKE at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

日本女子のソコヂカラ

nihonjyosi.gif

渋谷のユーロスペースで始った「日本女子のソコヂカラ」へ行ってきました。

3月3日はひな祭り初日。豆千代さんがゲストのトークショーあり、着物で行くとCHEB CAFEの特製スイーツありということで着物女子率が高い、高い。半分以上は、お着物だったのではないでしょうか。

「浴衣で歌舞伎を観よう会」を開催している身としては、こうやって着物に囲まれると、やっぱり何だか楽しくて仕方ない訳です。(今年も8月やりますので、みなさんお気軽にご参加くださいませ!)

映画も面白かったし、スイーツも美味しかったし、7作品全て観たい!

これ、男子にも観て欲しいな。細身で、身長が高くても、着物は格好良く着られるんだ!っていうのが判る。何故、着流しで、左に傾いて立っているだけで、そんなに格好いいのだ、高倉健!!(怒


さてさて、先週末のお話しを駆け足で。

まずは、東京藝術大学大学院オペラ科 博士研究公演 歌劇「王女メデイア」観劇。企画・台本・演出は、志田雄啓さん。竹ノ輪でインタビューさせていただいた安岡亜蘭さんが宣伝美術に関わっていらっしゃったこともありお邪魔したいと思ってはいたのですが、何よりも未だ1度しか観たことがないオペラに行ってみようと決めたのは無料だったからではなく、志田さんの公演要旨を読んだから。最後の2行。「私はこの公演を通して、日本の奥深い伝統的美意識が根付いた、オペラの新たな可能性を示していきたい。」という言葉に大変な興味を覚えたから。観劇後は、今回作曲・指揮をされた作曲家の田渕大次郎さんとお話しさせて頂く機会もあり、自分で云うのもなんですが、相当いい刺激を受けて帰って参りました。

土曜日は、江戸東京博物館で歌舞伎素人講釈さん主催の公開講座に参加。テーマは、「台詞にみるアジタート」。急くような感じは、ただ早いリズムだけではない。過去の映像作品やクラシックを聴きながら。中々楽しい時間でしたが、何よりも「歌舞伎 研究と批評 38 歌舞伎学会誌」で、GHQの歌舞伎に関する報告の全訳が掲載されているという情報を得たこと。本屋さんで手に入るらしいので、チェックしなきゃ。

その後、東中野のCUELさんでオープンキッチンに参加。CUELさんの美味しいお料理は毎度のことなんですが、日本愛妻家協会の事務局長さんとお話ししたり、今日行ってきた「日本女子のソコヂカラ」イベントを教えてもらったJUNJUNさんとお会いしたり、なんだかね、毎度楽しい訳ですよ、この場所は。ハギワラさん、いつもありがとうございます!感謝!

2004年に自分たちの完全セルフプロデュース結婚報告会でCUELさんにケータリングをお願いし、その後ワークショップなどにお邪魔しながら、2006年10月1日Happy芝婚!(芝生の上でのウェディングパーティー)で再びお世話に。今後も一緒に色々やりたいねぇ〜と妻と企んでおります。オリジナルウェディング検討されている方、まずはお気軽にご連絡を!w

翌日の日曜日は、最初で最後となったク・ナウカの公演。演目は、『奥州安達ケ原』。3日前に、洋物の演目を日本の美意識で観て、翌日、歌舞伎の講釈を聞いて、3日後に日本の古典的な演目を現代的な解釈で観るという週末は、体力も使うけれども、脳が疲れる。疲れるというか、一種の混乱状態に陥る。時間とか空間とかが歪んだ感覚になる。それは決して気持ちが悪いものではなく、むしろ興奮状態に近い。脳だけがやたらと活発に動いている感じ。

あっ、月曜日の夜は、我が家で「気軽に楽しむ和ンポイント・イタリアン(仮)」という名のお食事会を開催しましてね。これがまた楽しいんですよ。継続的に開催しようと企んでおりまして、お友達と一緒に楽しもうかと思っております。

まぁ、そんな感じの一週間でありまして・・・。

そうそう!2日前には、10年来の友人が遂に結婚するということで、2次会の幹事を喜んでお引き受け致しまして、その打合せ。私たち夫婦が絡んだら、申し訳ないですが、ただの2次会で済む訳がないのです。w ご参加されるみなさま、どうぞお楽しみに!

そういえば、3日前にはパペットアニメーション用のシナリオも書いたのですが、今日『緋牡丹博徒』観たら、もうちっとだけ、いじってみたくなっちゃったわ・・・。

ではでは、そんな訳で、日本女子に負けないよう、日本男子も突っ走りますので、どうぞ宜しくお願い致します。m(__)m


■今日のソコヂカラ日本女子 吉田久美子さん

posted by TAKE at 01:32| Comment(1) | TrackBack(1) | 浴衣・着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。